入居テナント様の声

浮遊体アートは、水中アートオブジェとして世界的にみても非常に珍しいものです

2015.03.20


社名 : 想芸館 浮遊FACTORY

代表者 : 奥田英明

業種 : 水中アートオブジェ制作

入居日 : 2006年04月

URL : http://www.huyuu.com/

VOICE

①ATCに入った動機は?
ATCのITM棟9階にある輸入住宅促進センターに、想芸館のアートオブジェを
置いた事がきっかけでした。
ATCに通い続けるうちに、ATCのスペースとしての素晴らしさ、アクセスの便利さを実感し、
ぜひここに本格的な展示スペースを設けたいと感じるようになり、3年前からウィンドウギャラリーを
開設しています。
②ATCの雰囲気は?
ゆったりとしたスペース、館内設備の素晴らしさ、周りの眺望の素晴らしさ
は、誰もが実感するところだと思います。
 意外なことは、巨大ビルであるATCの大きな体に似合わず、ATC事務局の
皆さんが丁寧にアットホームな雰囲気で接してくださることです。
 時々、入居テナントの懇親会を開いてもらっていますが、ATC事務局スタッ
フの皆さんが南港をATCを盛り上げていこうという意気込みが伝わってきて、
自分自身も、ここから世界に向けて自分の仕事を発信していこうという気持ちに
はずみがつきます。
 ATC事務局の皆さんが、課題が生まれても粘り強く取り組み、あたたかく丁寧に
接してくださることが、想芸館がATCにお世話になり続けている大きな理由であると感じ
ています。
③ATC入居のメリットは?
特殊なアートオブジェ制作のため、想芸館のお客様は日本国内はもとより世界各国に
点々と散らばっているのですが、ATCのホ-ムページ経由からの縁であることも多いです。
遠方からのお客様にはアクセスの面でATCが非常に便利であり、
なによりATCにギャラリー展示しているということが、お客様にも信頼感を持っていただくことに
つながっていると感じています。
 想芸館として営業活動はあまり行ってこなかったのですが、ATC事務局主催
の懇親会に参加していると、多種多様な業種、様々な国籍のテナントさんが入居
されており、ATC内でご近所の挨拶回りをすることで、海外を含めたビジネス
につながるような期待をもっています。
④代表者からのメッセージ
想芸館で制作している浮遊体アートは、水中アートオブジェとして世界的にみ
ても非常に珍しいものです。うちはほぼ全員が浮遊体アートの制作スタッフであ
り、営業専門のスタッフがおりません。たまたま展覧会や展示スペースを見てい
ただいたお客様の縁で、日本国内はもとより、世界各国の様々な施設に入れてい
ただくような仕事をしてきました。
 ATC事務局への要望としては、HP内に、各テナントがどういうビジネスの
出会いを求めているかを簡単に記したコーナーなどを作っていただけたら、
ATC内のご近所の挨拶回りで、仕事の輪が更に大きく広がっていくような気が
しますね。
  •    
  • 一覧に戻る

#